高校生シンガーソングライター、家入レオ

家入レオ

2012年2月にデビューした福岡県出身のシンガーソングライター、家入レオ。
デビュー曲「サブリナ」から3カ月、早くもセカンドシングル「SHINE」が各方面で大きく取り上げられています。
「サブリナ」同様、「SHINE」も本人の作詞・作曲による楽曲です。
この曲は着うた配信を開始して3日連続1位を獲っています。
ドラマ「カエルの王女さま」の主題歌ですが、家入レオは脚本をあらかじめ読んで、「東京に来る前の自分自身と同じだ!」と思ったそうです。
自ら強く希望してドラマ収録を見学に行くなど、強い思い入れで作られた楽曲です。
歌詞には「他人と比べなくていい、自分を失くさないで」というメッセージが込められています。
作詞に関しては「家でぼさぼさ頭で部屋着で書くほうが、ほんとの気持ちが書ける」と述べています。
また、レコーディングの時は大空に向かって叫ぶ気持ちで歌ったそうです。

 

現在高校3年生の家入レオ。
音楽番組やトーク番組などではものすごくしっかりしていて共演者を感心させていますが、やはり高校生らしい所もあります。
普段からドアなどの陰に隠れて人を驚かせたりといった、いたずらが好きだそうです。
しかし最近は周りの人がもう慣れてしまい、驚いてくれなくなったようです。
ちなみに勉強は大キライだそうです。
また、掛けているのに「メガネはどこだろう」と捜してしまったというギャグマンガのような一面もあります。
セカンドシングル「SHINE」は着うたフルが好評配信中です。


ホーム RSS購読 サイトマップ